女性ホルモンとバストとの関係

豊乳もあまり度が過ぎると、その扱いに持て余してしまうだけでなく、肩こりなどに悩まされてしまいます。


その一方で、貧乳に悩んでいる女性にとっては、いくら気にしまいと思っても、ついつい男性の視線が気になりますし、いくら彼氏から、気にしないほうがいいよとか、大事なのは中身だよとか、貧乳の方が俺は好きだよなんて慰められても、ヤッパリ、胸は豊かな方が女性らしくて魅力的なものですよね。


でも、同じ女性として生まれたにもかかわらず、片や貧乳で悩み、その一方でデカパイに悩む、この差はどうして出来るのでしょうか。


そもそも、胸が大きくなるメカニズムはどのようものなのでしようか?


まず、乳房が大きくなるのは、ホルモンの分泌によるものです。女性ホルモンが体に分泌されることによって、乳房だけでなく、肌や髪、あるいは内脂肪など様々なものに影響を与えます。


そして、この女性ホルモンには色んな物質や成分が含まれていて、これらを統括してホルモンと言います。


この女性ホルモンは、基本的には卵巣から分泌されますが、歳を経るにしたがって、ホルモンの分泌は鈍くなって行きます。


よく、妊娠した女性の胸が張ると言いますが、これは、赤ちゃんに飲ませるお乳がたまって大きくなっているわけではありません。


妊娠することによって、急激に女性ホルモンの分泌が激しくなって、乳房に刺激がいくことで、胸は自然と大きくなるのです。


大澤美樹の「バストアップラボ」片手間バストアップ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>