月別アーカイブ: 2016年6月

男性ホルモンを増やすためには

男性ホルモンの分泌を促進するためには、栄養成分をしっかりとることです。


そのためには、1日3回の規則正しい食習慣や栄養バランスの取れた食事は、体の健康を維持するためには必要不可欠なことですが、男性ホルモン分泌を促進し、精力を増強することも役立ちます。

牡蠣は、海のミルクといわれるほど栄養価が高く、男性ホルモン分泌に役立つ成分が豊富に含まれています。

特に、人体に必要不可欠な亜鉛の含有量は優れております。成人男性が一日に必要とする亜鉛の量は10~12mgとされていますが、牡蠣には約2mgの亜鉛が含有されているので、6個ほど食べるだけで、1日の必要亜鉛摂取量を摂取することができます。

脂質の少ない牛肉も亜鉛・タンパク質が豊富です。タンパク質、鉄、亜鉛、マグネシウムなどの栄養成分が含まれており、精液の生成や精子の運動量を活発にし、男性ホルモン分泌促進に役立ちます。

健康食材として有名なニンニクにはアリシンが含まれており、男性ホルモンであるテストステロンのレベルを上げます。

このように、男性ホルモンの分泌量を増やすためには、まず、亜鉛とタンパク質を積極的に摂取することが大切です。


バリテイン