月別アーカイブ: 2015年6月

ウォーキングの目安はMETs

交通の発達など、世の中が便利になったことと引き換えに、現代人にとって運動する機会は急激に減ってきています。
こうした運動不足は肥満の原因となり、血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値などに変化を及ぼし、多くの生活習慣病の原因となります。また、運動不足はストレスをも増幅させ、がんの危険因子ともなります。
厚生労働省は生活習慣病予防として古くから「1日1万歩」を歩くことを推奨しています。その根拠は、平均的な日本人は消費カロリーが摂取カロリーに対して100~300kcal少ないことから、この差を埋めるため、1分間に100歩のペースで歩いた時の消費カロリーが約3.3kcal、90分で9,000歩けば、330kcal消費できる。すなわち、おおざっぱな目安として、1万歩でカロリーバランスがとれるというわけです。
しかし、一口で1日1万歩といっても、ゆっくり歩くのと、速歩では消費カロリーが違います。厚生労働省が2006年にメタボ対策で設定した「METs」という基準があります。METsとは安静時を1として、運動を強度によってランク付けした指標です。
METs×実施時間=EX(エクササイズ)
推奨値:週23EX以上
このMETsに運動時間をかけあわせた数値EX(エクササイズ)が週23以上になることを推奨しております。これを目安としてウオーキングすると励みになるのではないでしょうか。

「ドクターメドマーDM-6000」で【血流改善】