カテゴリー別アーカイブ: 家電

空気清浄機によるPM2.5対応

2013年頃から、中国の空気汚染が日本にも影響を及ぼすようになり、その中に、「PM2.5」と呼ばれる微粒子が含まれていることから、関心が一挙にたかまってきました。


PM2.5は、粒径が2.5μm以下の極めて小さな粒子であり、吸い込むと肺まで到達し健康に被害をもたらします。

アレルギーの原因となるダニは10~100μm、スギ花粉は30μm程度ですから、PM2.5がいかに微小なものであり、これを捕獲・集じんするのがいかに困難なものであるかが分かります。

タバコの煙は、粒径0.4μm程度の微粒子が集積したもので、PM2.5の代表的な粒子のひとつです。さらに、タバコの煙の内部には、約4,000種類もの化学物質が含まれていると言われており、健康に被害を及ぼす物質として知られております。

花粉やほこりであれば、マスクや空気清浄機で防ぐことは可能ですが、最近では、この「PM2.5」を体内に取り込まないようにするため機能を持った空気清浄機が注目されております。

日本電機工業会 JEMA による自主基準 HD-128 では、試験時間90分以内に微粒子を99%除去できる性能を有しておれば、空気清浄機に「PM2.5対応」と明記できるとされています。


空気清浄機サリール(Salir)は【脱臭・除菌・リラックス効果】も期待出来る空気清浄活性器です♪

ダイソンの掃除機は吸引力が強い?

ダイソンの掃除機は、最新のサイクロン式だから強いに決まっていると思いがちですが、ダイソンの宣伝文句を良く観察してみると、「ダイソンの掃除機は吸引力が変わらない」と言っているだけで、吸引力そのものが強いとは言っておりません。


実は、ダイソン製掃除機の吸引力自体は強くはないのです。掃除機の吸引力を表す一つの単位である「吸込仕事率」を比較すると、日本製では500Wを超えるのが標準ですが、ダイソンの掃除機は、210W程度と日本製の半分以下しかありません。


ここで注意が必要なのは、吸込仕事率はヘッドを付けない状態で測ると言うことです。


ですから、ヘッドの床への密着度で吸引力、すなわち、床に吸い付く力はどうとでも変わってしまうのです。


床に吸い付く力があまりにも強いと、女性が使うと、床や絨毯に吸いついて動かしにくくなり、使いづらくなります。


このため、モーターがいくら高性能なものであっても、一定の力以上の床への吸い付きは避けなければならないのです。


ダイソン製は、弱いパワーを最大限に生かすために、ヘッドの直下にパワーを集中していますので、消費者が満足するだけの吸引力はあります。


一方、倍以上のパワーを誇る日本製の掃除機は、その有り余るパワーをヘッドの直下だけではなく、前や横からもホコリを吸うことに使っており、その分壁際が掃除しやすくなっています。


ダイソン(Dyson)