カテゴリー別アーカイブ: 家電

ダイソンの掃除機は吸引力が強い?

ダイソンの掃除機は、最新のサイクロン式だから強いに決まっていると思いがちですが、ダイソンの宣伝文句を良く観察してみると、「ダイソンの掃除機は吸引力が変わらない」と言っているだけで、吸引力そのものが強いとは言っておりません。


実は、ダイソン製掃除機の吸引力自体は強くはないのです。掃除機の吸引力を表す一つの単位である「吸込仕事率」を比較すると、日本製では500Wを超えるのが標準ですが、ダイソンの掃除機は、210W程度と日本製の半分以下しかありません。


ここで注意が必要なのは、吸込仕事率はヘッドを付けない状態で測ると言うことです。


ですから、ヘッドの床への密着度で吸引力、すなわち、床に吸い付く力はどうとでも変わってしまうのです。


床に吸い付く力があまりにも強いと、女性が使うと、床や絨毯に吸いついて動かしにくくなり、使いづらくなります。


このため、モーターがいくら高性能なものであっても、一定の力以上の床への吸い付きは避けなければならないのです。


ダイソン製は、弱いパワーを最大限に生かすために、ヘッドの直下にパワーを集中していますので、消費者が満足するだけの吸引力はあります。


一方、倍以上のパワーを誇る日本製の掃除機は、その有り余るパワーをヘッドの直下だけではなく、前や横からもホコリを吸うことに使っており、その分壁際が掃除しやすくなっています。


ダイソン(Dyson)