カテゴリー別アーカイブ: 金融

資産運用におけるレバレッジとは

レバレッジとは「てこの原理」という意味ですが、資産運用や投資においては非常に重要な概念でありツールでもあります。


株式投資であれば信用取引、為替であればFX、不動産投資であればローンといったように、保有する資産以上の取引をすることを指しますが、魅力的である反面リスクも伴います。


レバレッジの仕組みは、小さな資金で大きな資金を運用するもので、代表的な投資としては株式の信用取引、オプション取引、外国為替取引のFX取引、不動産投資におけるアパートローンなどがあります。

簡単に言えば、資金を借りて、その資金で投資をするもので、例えば、100万円の手元資金があり、それに借りてきた400万円を合わせて計500万円を運用します。

もし、10%の利益が発生すると、100万円で運用していたら利益は10万円しかありませんが、500万円で運用すると50万円の利益になります。

このように、元本以上の多くの資金を借りて運用する事によって、より大きなリターンを得ることができるのです。投資元本以上の取引ができ、それと同様の効果をもたらすことを「レバレッジ効果」と言います。

このため、少ない元本で大きな運用成果を発揮することが出来ますが、反対に想定とは逆方向に進んでしまうと大きな損失が発生するリスクがあります。まさに、ハイリスク・ハイリターンになるのです。


ヒロセ通商のLION FXは、成行約定能力99.9%