カテゴリー別アーカイブ: 健康

女性ホルモンとバストとの関係

豊乳もあまり度が過ぎると、その扱いに持て余してしまうだけでなく、肩こりなどに悩まされてしまいます。


その一方で、貧乳に悩んでいる女性にとっては、いくら気にしまいと思っても、ついつい男性の視線が気になりますし、いくら彼氏から、気にしないほうがいいよとか、大事なのは中身だよとか、貧乳の方が俺は好きだよなんて慰められても、ヤッパリ、胸は豊かな方が女性らしくて魅力的なものですよね。


でも、同じ女性として生まれたにもかかわらず、片や貧乳で悩み、その一方でデカパイに悩む、この差はどうして出来るのでしょうか。


そもそも、胸が大きくなるメカニズムはどのようものなのでしようか?


まず、乳房が大きくなるのは、ホルモンの分泌によるものです。女性ホルモンが体に分泌されることによって、乳房だけでなく、肌や髪、あるいは内脂肪など様々なものに影響を与えます。


そして、この女性ホルモンには色んな物質や成分が含まれていて、これらを統括してホルモンと言います。


この女性ホルモンは、基本的には卵巣から分泌されますが、歳を経るにしたがって、ホルモンの分泌は鈍くなって行きます。


よく、妊娠した女性の胸が張ると言いますが、これは、赤ちゃんに飲ませるお乳がたまって大きくなっているわけではありません。


妊娠することによって、急激に女性ホルモンの分泌が激しくなって、乳房に刺激がいくことで、胸は自然と大きくなるのです。


大澤美樹の「バストアップラボ」片手間バストアップ♪

アンチエイジングが期待されるサプリメント

ストレスを感じる、紫外線を浴びる、タバコを吸った時などは、体内で活性酸素が大量に作られます。


この活性酸素は、人間の体にとって良い面も悪い面もありますが、大量に発生してしまうと老化が進行したり病気の原因となったりします。

この活性酸素の発生を抑制する成分が抗酸化成分ですが、一般的に最も知られているのは、「コエンザイムQ10」です。

コエンザイムQ10は体内で合成される成分ですが、加齢と共に合成量が減少するため、食事など外部から補給しなければなりません。

「アルファリポ酸」も活性酸素から身体を守る役目を果たします。これは、若返りビタミンといわれるビタミンEの数百倍もあり、水溶性でも脂溶性でもあるため、体中のいたるところで作用することが可能な成分です。

また、酸化した抗酸化物質を復活させるという特徴も持っており、体内で酸化してしまったビタミンC、E、コエンザイムQ10、グルタチオンを再生します。

自然界で最高クラスの抗酸化作用を持つと言われているのが、カロチノイドの一種「アスタキサンチン」です。

アスタキサンチンは、紫外線を浴びたり、細胞でエネルギーが作られたときに発生する活性酸素の一種である「一重項酸素」を取り除く働きが、ビタミンEの数千倍、β-カロテンの数百倍にもなります。

活性酸素は身体の様々な器官を酸化してしまいますが、アスタキサンチンは特に脂質の酸化を抑制する働きが強いと言われております。

脂質の酸化は動脈硬化の原因ともなるため、アスタキサンチンの働きはアンチエイジングだけでなく、健康維持においても注目を浴びているのです。


健康サプリ&健康飲料比較

筋トレとダイエット

筋トレを行って筋肉が大きくなると、ダイエットにも効果があります。それは、筋肉が大きく成長すると基礎代謝量が大きくなるためです。筋トレによって筋肉が強化されると、食べても太りにくい体質になるのです。


まず、太りにくい身体作りをするうえで欠かせないのが、基礎代謝です。


基礎代謝とは、


■何もしなくても自然に消費されるエネルギー


■一日で消費する全エネルギーの約70%


■基礎代謝のうち40%は、筋肉維持のためのエネルギー消費


■筋肉維持のためのエネルギー消費量は、筋肉の大きさに比例


すなわち、基礎代謝量がアップすれば自然に消費されるエネルギーが増えるので太りにくくなるということです。


では、なぜ筋トレで基礎代謝がアップするのでしようか?


まず、基礎代謝の40%が筋肉によるエネルギー消費です。 さらに、エネルギー消費量は筋肉の大きさに比例して増えていきます。つまり、筋トレによって筋肉が大きく成長すれば基礎代謝量がアップするということになります。


筋トレによって筋肉が大きく成長しやすいのは速筋線維ですから、太りにくい身体を作りたいなら、速筋線維を効果的に鍛えられるウェイトトレーニングが最適なのです。


筋トレ&フィットネスで【メタボ対策・ダイエット】

イースタティックミネラルの働き

イースタティックミネラルは安全性の高いミネラル成分で、男女を問わずに摂取できます。その働きは、卵子や精子のミトコンドリアに直接作用して、卵子や精子を蘇らせ、本来持っていた機能を取り戻す働きをします。


ミトコンドリアの機能が落ちると、女性機能や男性機能の活動エネルギーが不足し、妊娠しにくくなってしまします。


一般的に、避妊をせず、定期的に性行為を行うと一年でおよそ85%以上が妊娠すると言われていますが、それにもかかわらず、なかなか妊娠しないという場合は、妊娠を妨げる何らかの原因がある可能性が高いのです。


また、女性は加齢とともに妊娠しにくくなるのは、医学的にも証明されています。もし、妊娠を望んでいて定期的に性行為をしているのにもかかわらず、一年以上も妊娠しないのであれば、産婦人科で検査を受けたほうがいいかもしれません。もし、不妊の原因がわかれば妊娠への近道になるでしょう。


しかしながら、不妊の原因の80%が原因不明だとも言われていますが、それは、ミトコンドリアの機能低下が原因不明の不妊の元であるとも言われております。


生命のもとである精子や卵子に元気がなければ、いくら不妊治療を行っても妊娠しにくいのは当たり前ですよね。


この卵子や精子の老化を還元して元気を取り戻し、妊娠しやすい状態にもっていくのがこのミトコアなのです。


「ミトコア300mg」は、妊娠の可能性をUPさせる妊活サプリ♪

男性ホルモンを増やすためには

男性ホルモンの分泌を促進するためには、栄養成分をしっかりとることです。


そのためには、1日3回の規則正しい食習慣や栄養バランスの取れた食事は、体の健康を維持するためには必要不可欠なことですが、男性ホルモン分泌を促進し、精力を増強することも役立ちます。

牡蠣は、海のミルクといわれるほど栄養価が高く、男性ホルモン分泌に役立つ成分が豊富に含まれています。

特に、人体に必要不可欠な亜鉛の含有量は優れております。成人男性が一日に必要とする亜鉛の量は10~12mgとされていますが、牡蠣には約2mgの亜鉛が含有されているので、6個ほど食べるだけで、1日の必要亜鉛摂取量を摂取することができます。

脂質の少ない牛肉も亜鉛・タンパク質が豊富です。タンパク質、鉄、亜鉛、マグネシウムなどの栄養成分が含まれており、精液の生成や精子の運動量を活発にし、男性ホルモン分泌促進に役立ちます。

健康食材として有名なニンニクにはアリシンが含まれており、男性ホルモンであるテストステロンのレベルを上げます。

このように、男性ホルモンの分泌量を増やすためには、まず、亜鉛とタンパク質を積極的に摂取することが大切です。


バリテイン

ウォーキングの目安はMETs

交通の発達など、世の中が便利になったことと引き換えに、現代人にとって運動する機会は急激に減ってきています。
こうした運動不足は肥満の原因となり、血圧、血糖値、コレステロール値、中性脂肪値などに変化を及ぼし、多くの生活習慣病の原因となります。また、運動不足はストレスをも増幅させ、がんの危険因子ともなります。
厚生労働省は生活習慣病予防として古くから「1日1万歩」を歩くことを推奨しています。その根拠は、平均的な日本人は消費カロリーが摂取カロリーに対して100~300kcal少ないことから、この差を埋めるため、1分間に100歩のペースで歩いた時の消費カロリーが約3.3kcal、90分で9,000歩けば、330kcal消費できる。すなわち、おおざっぱな目安として、1万歩でカロリーバランスがとれるというわけです。
しかし、一口で1日1万歩といっても、ゆっくり歩くのと、速歩では消費カロリーが違います。厚生労働省が2006年にメタボ対策で設定した「METs」という基準があります。METsとは安静時を1として、運動を強度によってランク付けした指標です。
METs×実施時間=EX(エクササイズ)
推奨値:週23EX以上
このMETsに運動時間をかけあわせた数値EX(エクササイズ)が週23以上になることを推奨しております。これを目安としてウオーキングすると励みになるのではないでしょうか。

「ドクターメドマーDM-6000」で【血流改善】

失敗しないクリニック選び

クリニックと言っても星の数ほどあり、どのクリニックを選べば良いのか途方にくれてしまいますよね。
そこで、選ぶにあつたてのポイントを紹介します。
■施術実績が多い、有名なクリニックを選びましょう。
有名なクリニックと言うのは、ただ有名なだけでなく、『数をこなし実績を積んでいる』という指数にもなります。
中には開業年数を誇るクリニックもありますが、それよ りも施術実績がある医師のいるクリニックを選ぶのが大事です。
また施術実績はひとつの施術だけでなく、すべての症例を合わせて掲載されている場合もありますから、カウンセリングなどで確認しておきましょう。
■どんな施術をするか、料金は適正か
自分の受けたい施術を行っているクリニックを比較してみると、料金もまちまち、行っている施術法や内容もバラバラなんてことも良くあります。
施術内容に変更があると追加料金がかかることもありますし、アフターケアや通院が必要な場合は別途となっている場合もあります。
中には、「業界最低価格」などと安さをことさら強調しているクリニックもありますが、料金に見合った施術を行っているかの確認が大事です。
■医師やクリニックの技術力やカウンセリング力が十分備わっているか
カウンセリングの充実さや医師の技術力は、そのまま患者となる自分へと返ってきます。カウンセリングもそこそこに施術を勧めるようなクリニックは要注意です。
無料カウンセリングや専門のカウンセラーのいるクリニックで、自分が納得できるまで質問しましょう。複数のクリニックを比較するのなら、質問をまとめておくのもよいでしょう。
■設備は充実しているか
施術を行う際に使用する設備は最新のものを使っているか。一世代前の古い設備を後生大事に使っているようだと、それは、設備投資に回す資金が無いことを意味しております。それは、すなわち、余り患者が来ないことですので、敬遠した方が無難でしょう。
■口コミでの評判はどうか
口コミでの評判は、実際に体験した人が評価しているので、大いに参考にすべきです。しかし、これも、個人によって受け取り方が違うのであまり鵜呑みにしないよう注意が必要ですが、10人中、半数以上が厳しい評価をしているクリックは避けた方が無難です。
■安全性、アフターケアの配慮は十分か
施術のスキルも大切ですが、それを「やりっぱなし」では困りますよね。
どんな手術でも多少の腫れなどはありますから、『ダウンタイム (安静時間)』を取っているのか、また後日の定期検査がある場合も、きちんとフォローされているかも大事です。術前カウンセリングで、しっかり確認することが重要です。

「ABCクリニック美容外科」で男性の悩みを解決!!

食物繊維の健康効果

食物繊維には、「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類があり、糖尿病、心筋梗塞、高血圧、痔、便秘、大腸の病気などを予防する効果があります。
厚生労働省によると、食物繊維の摂取量は成人で20~25gとすることが望ましいとされています。しかし、日本人の平均摂取量は14.3gと少なく、しかも、15~50才の平均はわずか12.9gです。これでは病気の予防は期待できません。
水溶性食物繊維には脂質や炭水化物の吸収を遅らせる働きもあります。これによって、血糖値の上下が緩やかになります。また、水溶性食物繊維は腸内でコレステロールやコレステロールから作られる胆汁酸とくっついて体外に排出されるため、結果として悪玉コレステロールを改善することができます。水溶性食物繊維には保水性があるため、食物の腸内滞留時間を延ばすことで、腹持ちをよくする効果もあります。
日本人の主食である白米には、この水溶性食物繊維は含まれていません。水溶性食物繊維が多く含まれる食べ物としては、押麦、大麦めん、オートミール、全粒粉、ライ麦、きんかん、アボカド、うずら豆、インゲン豆、そらまめ、あずき、納豆、テンペ、さつまいも、なめこ、甘 栗、アーティチョーク、えだまめ、オクラ、ごぼう、千切り大根、茎にんにく、ふきのとう、芽キャベツ、にんじん、モロヘイヤ、海藻などです。

「グリーンベリースムージー」の【酵素ドリンク+スムージー】で置き換えダイエット