カテゴリー別アーカイブ: 防災

津波警報や津波注意報が出たときの対処

東日本大震災が発生したとき、津波警報が発令されているにも関わらず、海岸付近を走っている多くの車や、川の上流に向かって黒い海水が押し寄せている映像がテレビ放映されたのが強く印象に残っております。その結果、多くの尊い命が犠牲となりました。


こうした膨大な犠牲のもとに、津波対策は常日頃から準備しておくことがいかに大切かを多くの人は教訓として学びました。


海岸近くにいるときに強い揺れを感じたり、あるいは、津波警報や津波注意報を聞いたりしたときは、直ちにその場所から離れて高台などに避難しましょう。


もし、あなたが、初めて訪れた観光地など土地勘の乏しい場所にいる場合は、近くに表示している「津波避難場所」マークや「津波避難ビル」マークを確認して、それを目印に避難しましょう。


それでも、地方自治体が作成している「津波ハザードマップ」などによって指定された避難場所であっても、津波はその予想を超えて襲ってくることがあります。


その場合は、状況に応じ各自の判断で率先して出来るだけ高い場所に避難するようにしましょう。


また、津波は河口から川の流れに沿って上流側にも襲ってきますので、川の近くにいるときは、海から離れているからと安心することなく、流れに対して直角方向に避難し、川からできるだけ離れましょう。


防災・地震対策・放射能対策通販ショップ

防災グッズを集める際の注意事項

東日本大震災以降、防災意識が高まり防災グッズや災害備蓄品を集めてる方も多くなっているようです。しかし、せっかく備えた防災グッズの使い方や、防災グッズな関する知識が足りないため、せっかくの防災グッズが、いざ災害に遭遇した時に、何の役にも立たないということもあり得ます。このため、最低限の知識、使い方、情報は知っておきましょう。
また、ネットや本などで紹介されている防災グッズリストなどを参考にする際にも注意が必要です。
ただ単に、リストに掲載されているグッズを集めるのではなく、自分の地域や、環境を考えて防災グッズを揃えなければいけません。
例えば、小さい子供がいる場合はオムツなども必要ですし、持病を持っている方は薬なども必要になるでしょう。
また、海岸が近く、津波の心配がある地域でないのか、住んでる地域の気候とかによっても違ってきます。
災害はいつ起きるか分からないのが厄介です、冬かも知れないし夏かも知れません。このように、様々な事態を想定して防災グッズを集める必要がありそうです。

「防災バッグOTE」は【玄関ドア】に13点の防災グッズを常備!!